質素な美人OLの土下座謝罪(1) 僕がクレーマーになったきっかけ

どうやら僕は世間ではクレーマーと呼ばれる部類の人間らしい。
僕の趣味は女性の土下座を見ること。

しかし、昔から女性の土下座が好きだったわけではない。
ある日、目覚めたのだ。

その日、僕が商品についてクレームを言うと、サポセンの女性担当者がうちにやってきた。「こんなに簡単に、女性がうちにやってくるのか」と感じた・・
OL「この度は申し訳ございませんでした」

しかもこんなに美人のOLが。

OL「不具合をご連絡いただいたにもかからわず、迅速な対応がとれず」

OL「お客様に一日でも早く代わりの商品をと思い、お持ちしました」

僕「こっちこそ、なんか、申し訳ないです、わざわざこんなところまで来てもらって」
OL「いいえ、今回は当社のミスですので当然の対応です」

OL「本当に申し訳ございませんでした」
僕「いやいや」

OL「また何か不具合がありましたら、お気軽に私、藤波までご連絡ください」

僕「え? もう帰るんですか?」
OL「あ、いえ・・なにか商品でお困りごとでも?」

僕「ていうか、不良品のインクが飛び散って、買ったばかりのシャツが台無しになったんですよね、それは弁償を」
OL「申し訳ございません。当社の規定で、商品の代替品のお取替えしか対応できないのです」

僕「ふざけるなっ!」

僕「そんなバカな・・」
カシャ

OL「お客様のお怒りはごもっともだと思います」

OL「しかし、会社の規定で決まっていまして、商品のパッケージの裏面にも明記してあるんです」

カシャ

OL「本当に申し訳ございません」

僕「そこに座ってください」
OL「はい?」

僕「そこに突っ立っているのもなんですから、座ってください」
OL「あ、はい・・お気遣いありがとうございます」

OL「失礼いたします」

僕「大きな声を出してしまってすみませんでした」
OL「いいえ、とんでもありません」

OL「私もお客様の立場でしたら同じ気持ちだと思います」
僕「ほ、本当ですか?」

OL「はい。自分の過失ではなく、商品の不具合によって大切なシャツが汚れたら、お怒りになるのはごもっともです」

僕「本当にそう思っていますか?」
OL「はい、会社の規定で、お客様のシャツを弁償することはできませんが・・私にできることなら・・」

僕「そうですか・・じゃあ・・土下座してください」

OL「ど・・土下座・・ですか」

僕「謝るしかできないんですよね・・なら土下座・・して欲しいです」
OL「そ・・そうですね・・」

OL「わかりました」

OL「こ、この度は・・」

OL「ご迷惑をおかけいたしました」

あぁぁ・・本当に・・土下座・・した!

こんな・・美人が・・僕に土下座を・・
OL「申し訳ありませんでした」

僕「こんなことまで客にやらされて、サポートって仕事はストレスがたまりますね」
OL「え?」

OL「私を・・気遣って・・いただいてるんですか?」
僕「いや、その・・大変だなって。ストレスたまりそうな仕事だなって」

OL「そうですね・・つらい時も・・ありますが」
僕「今日もね・・こんな客のところに来ちゃって」

OL「いえ、めっそうもございません。本当につらいのは・・お客様ですから」

僕「こんなきれいな人に土下座なんかさせちゃって」
OL「そんな・・きれいだなんて・・」

僕「彼氏・・いるんでしょ?」
OL「え?」
僕「藤波さん、彼氏いるのかなぁ、って」
OL「あ・・は、はい・・まぁ」

僕「そっか、そうですよね、きれいだもん、藤波さん」
OL「いえ、そんな・・ありがとうございます、うれしいです」

僕「彼氏がうらやましいな」
OL「そんな・・」

僕「もう一回、土下座してください」
OL「え? もう一回・・ですか?」

僕「”藤波さんに彼氏がいるから謝れ”ってことじゃないですよ、わははは」
OL「あ・・はい、わかっています」

僕「今度は、こっちで土下座して」
OL「はい・・それでお客様の気がお済みになるのなら・・」

僕「じゃあ、お願いします」
OL「はい、この度はご迷惑をおかけして」

OL「申し訳・・ございませんでした」

身体中に電気のようなものが走る・・うおおおっ、こんな美人が・・しかも、彼氏がいる美人が・・僕の前で・・土下座している!

彼女がいない僕に・・

僕の前でひれ伏しているのだ・・

きっと彼氏の前でも土下座なんてしたことがないはずだ

僕は彼女の土下座を後ろから眺めた・・

OL「本当に、申し訳ございませんでした」
ふくよかなお尻だ・・

謝っているのは彼女の方で、僕は優位にいる
こんなことをしても許されるのだろうか?
僕はスカートに触れてみた

こんな布切れ一枚の・・向こう側が・・見たい

向こう側が見たい!

バッ!
OL「えっ!?」

肌色のパンスト・・に透ける・・
し・・下着は白だ

OL「な、なんですかっ!? お客様っ!?」

女性の下着ってこんなに簡単に見えちゃうんだ!
そんな風に思うと、とっさに

OL「えっ、いやっ」

藤波さんの生パンが見たくなり・・パンストをさげた

さらに僕は白くて柔らかい藤波さんのパンティに手を掛け

ずり降ろした!
OL「ひっ」

け、ケツが見えた
こ・・こんなに、こんなに簡単に女性のお尻って見られるんだ・・
藤波さんの真っ白なお尻がまぶしく見えた。

OL「お、お客様やめてください!」
僕「あ・・こ、これは・・」

OL「お・・お客様・・ど、どうしてこんな・・」

彼女は必死にパンティを上げて丸出しになった生尻を隠そうとしていた
僕「あ、その・・すみません、なんだろ・・」

OL「き、急に・・ひ、ひどいです」

OL「なんでこんな・・」

僕「藤波さんの、か、彼氏になった気がしちゃって」

OL「彼は・・彼はこんな乱暴なこと、しません」

僕「いや、とっさのことで、僕も何が何だか・・」

OL「もう、もう二度としないでください」

僕「いや、本当に悪気があったわけじゃないんです」
OL「だって・・出してるじゃないですか・・」
僕「あ・・あぁ・・本当だ」

僕「藤波さんの・・お尻が・・見たくて・・つい」
OL「でもこれは・・やってはいけないことですよ・・」

僕「そ、そうでした・・ごめんなさい・・本当につい・・」
OL「・・・」

僕「本当に・・ごめんなさい」
OL「わ、私こそ・・大きな声を出してしまって・・びっくりして」

僕「ごめんなさい」
OL「私も・・ごめんなさい」

OL「そ、それを・・しまってください・・お客様」

僕「あ・・あぁ・・はい・・まだ出てましたね(笑)」

僕「勝手に出てきちゃあ、困るよ・・もう(笑)」
OL「そ・・そう・・ですよね」

僕「藤波さんに・・見られちゃった(笑)」
OL「私も・・お尻・・見られましたから」

僕「あぁ、そうか・・じゃあ引き分けだ」
OL「そ、そうですね・・」

OL「あの・・」
僕「はい」

OL「もう、失礼させていただいて・・よろしいでしょうか」
僕「あ・・そっか・・」

僕「最後にもう一回、ノーパンで土下座して謝ってください、一回だけ」
OL「はっ!? の・・ノーパン? えっ?」

OL「どうして、そんなことを?」

僕「それで、僕の方は気が済みます、二度とこのクレームは蒸し返しません、シャツの弁償もなし、全部なっとく」

OL「約束してくれますか?」
僕「はい・・約束します、それで気が済みます」

OL「さっきみたいに・・触ったりしない、って約束してくれますか」
僕「もちろんです、もう二度と・・さ、触りません」

OL「わかりました・・」

彼女は承諾した!
彼女はストッキングとパンティをコソコソと脱いだ

OL「なんか・・お尻がスースーします」
彼女は脱いだ下着を自分の後ろに隠した

OL「では、謝ります」
僕「はい」

OL「このたびは、当社の製品に不具合があり・・」

OL「お客様には大変にご迷惑をおかけしました」

OL「申し訳ございませんでした」

僕「5回、謝ってください」
OL「・・・はい」

OL「申し訳ございませんでした」

OL「申し訳ございませんでした」

僕は我慢ができなかった
OL「あ、だめっ」

OL「あ、めくらないでください、お客様」

僕「えっ? ・・あ・・」

OL「お客様・・約束が・・違いますよ」

僕「あぁ・・また、つい・・」

OL「めくられると困ります・・」

僕「そ、そうですよね・・わかってます・・もう大丈夫、手を降ろしてください」

OL「あ・・はい・・」

僕「ありがとう、また間違ったことを繰り返すところでした」
OL「い、いえ・・解っていただければ・・」」

僕「藤波さんのおかげで理性を取り戻せました、ありがとうございます」
OL「そんな・・お礼だなんて」

OL「申し訳ございませんでした」

OL「あ、あのぅ・・ちょっと・・」
僕「大丈夫、めくったりしませんよ」

僕「ちゃんと頭を床につけてください」
OL「あ、はい・・すみません」

僕「心配なんですか? スカートをめくられるのが」

OL「はい、こ・・困ります」

僕「どうしてですか?」
OL「えっ? どうして・・って、それは・・履いてない・・からです」

僕「裸のお尻を・・見られるのは恥ずかしい?」

OL「そ、そうですね、そういわれると余計に恥ずかしいですね(笑)」

僕「ほらまた、頭は床につけてください」
(くくくっ(笑)、生ケツが・・丸出しだ)

OL「あ、はい・・こうでしょうか」

僕「もしも、もしも裸のお尻が見られちゃったら、恥ずかしいですか? でもさっき見ちゃいましたけど、藤波さんの生尻」
OL「恥ずかしいです・・こんな格好だと・・さすがに」

僕「後ろから見られたくない?」
OL「はい・・後ろから見られたら・・嫌です」

僕「どうして、ですか?」
OL「それは・・」

僕「お尻の穴が、僕に見られちゃうから」
OL「は・・はい」

僕「藤波さんって、どんなお尻の穴、してるのかな」
OL「・・・」

僕は覗き込んだ・・

つづく


<<こちらもオススメ>>
【牧村由紀子の土下座謝罪】
牧村由紀子の土下座謝罪(1) 息子の悪行を謝りに来た美人の母親
牧村由紀子の土下座謝罪(2) 奥さん、裸になってください


<<こちらもオススメ>>
【変態オヤジが息子たちの巨乳嫁を陵辱】

1.長男の嫁編「なんでも協力するって言ったじゃないか」
2.次男の嫁編 息子の美嫁がハーフっぽいからと、若妻の裸をお風呂で覗き見
3.次男の嫁編 ハーフっぽい美嫁の肛門を地震と騙して浴室で覗き見
4.長男の嫁編 全裸掃除を強要するスケベ義父


【広告】
このブログが好きな人はこの電子ブックで楽しんでいます。
電子ブックはAmazonで発売中!! iPhoneやiPad、アンドロイド端末、パソコン等で読むことができます!!

巨乳のアイドルの透け乳 と 清純派女優の肛門 あなたが見たいのはどっち?
巨乳アイドルの透け乳と清純派女優の肛門、どっちが見たい? グラビアなのに裸を見られたアイドル達 02

アマゾンのページはこちら
■■
「美優と座薬」(思い出の夜) 天使の肛門を見てみたい ~10数年ぶりに会った姪は天使のように可愛くなっていた~
「美優と座薬」10数年ぶりに会った姪は天使のように可愛くなっていた~天使の肛門が見てみたい~

Amazon購入ページはこちら
■■


会員数140万人の動画サイト「DUGA」
「DUGA」は会員数140万人を超えるアダルト動画サイトです。DUGAでは会員登録(無料)すると全作品のサンプル動画が見られます!! ぜひ無料登録してサンプル動画を楽しんでみてください。アダルト動画配信サイトDUGAトップページの右上の「無料会員登録」で動画サンプル見放題になります!!
※ 動画の画面の左上に「割引中」と表示されている作品は期間限定割引!
■■
【割引情報】
★『プラネットプラス・五次元30%OFF』2024年1月24日(水)正午まで
■■
緊縛鼻フック倶楽部
■■
月刊彼女
■■
ブラボー!!!
OLにノーパン土下座をさせたままアナル生中出し

クレーム処理のために自宅にやって来たOL。しかし男の怒りは収まらず土下座謝罪を要求!必死に謝るOLをよそに男はデカくて綺麗な尻に大興奮!さらにパンツを脱がせてノーパン土下座でじっくり尻を撫で回し、セクハラ三昧!拒めないのをいいことに頭を下げさせたままアナルに生挿入!「申し訳ありません…」と謝罪させながら中出し!!


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■

巨乳女子プロレスラー愛矢 連姦中出しデスマッチ!!

シリーズ屈指の生意気レスラーの土下座マンコを見逃すな!ロメロスペシャルでハメ潮噴射!毒霧ならぬ潮を浴びせて目くらまし!ザーメンを潮で押し出して妊娠回避!


屈辱の聖水、精液ダブルごっくんに涙!顔面踏みつけ立ちバック!悔しくても潮吹きが止まらない!危険日マンコからザーメン逆流スリーカウント!


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■
コスプレうんち個人撮影会2 美少女大量脱糞編 お湯と空気浣腸してスクワット爆音放屁

ジャケットでは目にもモザイク約束なんですが、ほら、モザイクを突き抜けて美少女があなたを見つめてませんか?表舞台でも活躍中のためマスク着用なのは本当に申し訳ないですが、実際に動画で見るとこの眼力だけで背筋に電撃走りますよ。妖艶さと僅かに残る幼さを兼ね備えた、美女でもあり美少女でもあるハイブリッド。22歳なのにこの少女性とオーラを醸し出せるのはやっぱり本業のおかげなんでしょうか?もちろん今回も~裏オプ~をお願いしてみます。「うーん、どんなOPですか?下着までならOKですけど…」ええ、私言ってやりましたよ。堂々と宣言してやりましたよ。「違う、そうじゃない、見たいのはあなたのうんちなんです」と。


紆余曲折はありましたが、皆さんのために誠心誠意(土下座)の交渉で成し遂げてやりました。やわらかめうんちが肛門を割り開いてニュルニュルと出てくるところを鮮明に撮影成功!我慢の限界からの大量脱糞に、お尻に鳥肌を立てて快感を感じてる映像をしっかりと抑えています。調子に乗ってお湯と空気浣腸した状態でのスクワットもリクエストしちゃいました(笑)もちろん力んじゃったところで爆音放屁お漏らし、おろしたヨガパンツにべっとりと付着していたのは…?ていうかうんち撮られたらバレ云々以前にもうギリギリアウトな気もするな?


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■
DUGA – 集団いじめ学級 じゅんこ

圧倒的なリアル。本物の涙。ここでしか見る事が出来ない本当のいじめ。クラスメートに土下座を強要され、衣服を奪われ、言われるがままに惨めな姿をさらすうちに少女の精神は崩壊し従順な犬とかす。世界で最も悲惨な姿をさらした少女に欲情するという、とびきりの狂気と背徳感をありきたりのAVに飽きた全ての方々へ贈ります。


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■
懇願!正座うんこ2

正座して、尿意を我慢し「トイレ行かせてください」「うんこさせてください」と懇願する女達…!尿意を堪え、もじもじと艶めかしく蠢く尻、そして足先。正座で我慢し、その姿は鏡に映し出されている為、彼女たちは自らの痴態から目を背けることが出来ない。やがて我慢の限界を迎え、びしゃあと小便を噴き出す!びくんびくんしながら、そのたびに尿がジュッ!ジュッ!と噴出し床を叩き飛沫が飛ぶ。「お願いします、うんこ、うんこさせてください…!」「いやっ…!見ないでくださいっ」!!と叫びながら、正座のままブリブリと大便をひりだす…!今作は見事なまでの一本糞「スコーピオン」をひり出した女も…!美しい映像で、迫真に迫る糞姿を是非。体育着姿のおかっぱ娘。「お願いします…。うんこさせてください!!」勢いよく飛沫が噴射されると、盛り上がったアナルよりゴツゴツした宿便を次々と放り出す。その塊たるや、まるで岩のよう。素朴なお姉さんは腹を擦りながら「土下座でも何でもするんで、トイレに行かせてください!」下着を下ろすと勢いあるおしっこ!その最中にもおならをスカしてしまう。小ぶりの軟便が…清楚美人は、眉をへの字にしながら困ったようにトイレを懇願。肛門を幾度となくヒクつかせた末、バックリ広がったアナルより出そうで出ない軟便…!ニチニチ。ポニテのヤンママは艶のある声と色っぽい吐息でトイレを懇願。布へのおしっこ染みが肥大化するようにアナルが拡張し、見事なまでの一本糞を放り出す。それはまさに黄金の鯱と呼ぶに相応しい逸品。(排泄屋) ※本編顔出し


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■

「お願い、うしろ向いていてくださいっ!」止まるエレベーター 非常用トイレ緊急うんこ2

止まったエレベーターの中で便意を催した女達。幸いにも非常用トイレ付きの機内なのに、彼女達が排便をためらっている理由はただひとつ。「同乗者」の存在だ。狭いエレベーター内では排泄音を聞かれるのも、便臭を嗅がれるのも避けられない。何より見知らぬ他人の前で尻をむき出しにするわけには…乙女の恥じらいのためにトイレも使えず、ひたすらドアが開くのを祈るばかり。尻穴を締め上げ腹をさすって耐え続ける女達であったが、我慢の限界は刻一刻と迫りくる…密室での便意我慢と衆人環視のもとで排泄する羞恥をたっぷり描いた排泄ドラマ、お楽しみあれ。


ネコ顔美女。椅子だと思っていたものが非常用トイレで一安心。柔らかめのうんちをネリネリ出し、ブリブリ汚い音が密室に響く。ボブカットの女性。ケガした腕のせいで下着をうまく下げられず、同乗者に手伝ってもらう羞恥を味わう。大人の雰囲気漂う美女。かなり密度の高い空間で、周囲を気にしながらの脱糞。甲高い放尿音がジョバジョバ鳴り続けた。おしとやかな美女。便意に耐えきれずまたがった途端、音も立てず極太の凶悪健康便をドサッとひり出した。尿も大量、よほどしたかったのだろう。(排泄屋) ※本編顔出し


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■
高飛車な美人妻は夫の部下の言いなりになり犯される

万年平社員の男。会社では毎日上司から叱責を受ける。ある日、上司が自宅に忘れた書類を取りに行かされる。上司宅に到着すると待たされた妻は立腹し彼を罵倒する。しかもそれだけでは収まらず、土下座までさせられる。会社に戻った男は書類を届けるが、偶然にも上司の不正の証拠を手に入れる。それをネタに復讐を計画した彼は、上司の妻を会社に呼び出し脅しをかける。言いなりになるしかない彼女はオフィスで耐えがたい辱めを受ける。


その後、男は自宅に彼女を監禁し思う存分犯していく。会社を辞めるつもりの彼は更に復讐を継続する。彼女にマスクを装着しオフィスに連れて行き、待たせておいた先輩にフェラ奉仕させる。そしてマスクを外し、驚いている先輩の目の前で再び彼女の体を犯していく。上司が自宅に帰ると全裸のまま横たわる妻がいた。何が起こっているのか理解できない上司。そしてテーブルの上には辞表とUSBメモリーが残されているのだった。


無料登録してすべてのサンプル動画を楽しんでください!!■■

You may have missed